彩湖・道満グリーンパーク

彩湖・道満グリーンパークのみどころ

荒川河川敷の調節池「彩湖」に沿ってきれいに整備された市営公園。
都心近くにありながら豊かな自然が残り、四季を感じて心地よく過ごせます。
開放感あふれる広場でのバーベキューだけでなく、様々な施設が充実し、多くの市民に親しまれています。
車でのアクセスもしやすく、年間100万人以上の方にご来園いただいています。

バーベキューで楽しもう

バーベキュー広場の画像

彩湖・道満グリーンパークでは、多くのお客さまにバーベキューをご利用していただいております。
公園ではお客さまがバーベキューセットや食材等を各自でご用意いただいてお楽しみいただいています。
利用料金や予約は必要ございませんので、ご来園されたお客さまから空いているスペース(中心広場、バーベキュー広場)をご利用ください。
ゴミ箱も設置されておりませんので、全てお客さまの責任でお持ち帰りください。
また、直火焚き・音響設備の持ち込みなどは禁止です。

スポーツ設備が盛りだくさん

スポーツの画像

彩湖・道満グリーンパーク内には競技に応じたスポーツ施設が完備されています。
施設を初めて利用する方は、戸田市スポーツ施設予約システムへの利用者登録が必要となります。
利用の際はスポーツ施設予約案内  をご確認下さい。

ドッグランまで設備されています

道満ドッグランの画像

道満ドッグランは、お客さまアンケートに基づいて作られたドッグランです。
安心・安全なドッグランを目指されております。
場内は、フカフカの芝生ですので思いっきり走って遊ぶことができます。
専属スタッフが常駐していますので、ドッグランを初めて利用される方も安心してご利用いただけます。
また、イベントも盛りだくさんですので、ぜひ愛犬と一緒に遊びに向かわれてはいかがでしょうか?

荒川の旧河川の一部を利用して作られた道満河岸つり場

武蔵野の面影を今に残す美しい景観、小鳥のさえずり、緑豊かな環境は東京に隣接する県南の地ではまれに見るつり場として釣り愛好者に広く親しまれており、古い歴史もある釣り堀いです。
釣りだけでなく、広場で遊んだり、土手で寝転んだり、新鮮な空気を吸いながら散策したりするにも、最適な所です。
日差しをたっぷりと浴びて、一日のんびりとお過ごしください。

道満河岸つり場の歴史

道満河岸は、明治から大正にかけて水上交通の要所となっていました。
埼玉県秩父と東京深川を結ぶルートとしての川は材木や酒等の運搬船が三々五々、道満河岸(現在の金魚つり場付近)の船着場に停泊し、船頭たちの利用する船宿的なものが2軒あり、酒、食料品、雑貨を販売していたといわれ賑わっていました。
また道満河岸は県道蕨―志木線が通っており、県営船着場でもありました。
このように発達してきた道満河岸もやがて昭和初期、国家事業としての荒川改修工事で、新荒川の完成により、この付近は廃川となり、古川と呼ばれるようになりました。
そして、横提の構築でせき止められ、池として残ったものが現在の道満河岸つり場です。道満河岸は古川として残って以来、つり場として発達します。
昭和33年、当時戸田町(現在戸田市)と美笹村が合併。当時の戸田町観光協会はこのとき古川(道満河岸)の利用に着目し、道満河岸つり場として新しい一歩を踏み出しました。
そして、釣り愛好者の要求に答えるべく自然美を損なわない整備工事、浚渫工事など相次ぐ工事が行われ始め、現在の道満河岸つり場に至っています。
昭和44年には、道満河岸金魚つり場がオープンし、祝日などは親子連れで賑わい、市民憩いのつり場として多くの人に親しまれています。

彩湖・道満グリーンパーク

関連情報

  1. りっくんランド

  2. 伊奈町制施行記念公園

  3. 県営しらこばと水上公園