長瀞渓谷・岩畳

長瀞と言えばココ!

長瀞渓谷は、埼玉県秩父郡長瀞町にあります。
景勝地として知られており、多くの人が観光に訪れます。

秩父線長瀞駅付近では、荒川の西岸(左岸)に「岩畳」が広がり、その隣を岩を浸食した荒川が流れています。
向かい側の東岸(右岸)には「秩父赤壁」と呼ばれる岩壁などがそびえています。四季の変化に合わせて、いろいろな美しさがあります。

また、長瀞ライン下りのほか、カヌー・カヤック・ラフティングなどの川下りも行われています。

[写真]長瀞渓谷
長瀞渓谷

[写真]舟からみた岩畳付近の景色
舟からみた岩畳付近の景色

国の名勝・天然記念物

この付近の荒川は、1924年(大正13年)12月9日に「長瀞」として国の名勝・天然記念物に指定されています。
長瀞渓谷のうち、指定区域は親鼻駅近くの親鼻橋から野上駅近くの高砂橋までです。岩石や草木の採取などは禁止されています。
長瀞駅は指定区域の中間点付近にあたります。
ここから上流側に岩畳が広がります。

岩畳には荒川の流路跡や岩の割れ目などにできた沼や湿地もあり、「四十八沼」と呼ばれています。

[写真]岩畳エリア
岩畳エリアの長瀞渓谷

[写真]岩畳と荒川の流れ
岩畳(右側)と荒川の流れ

[写真]四十八沼
岩畳上の「四十八沼」

気になる「岩畳」の岩石

長瀞は、三波川変成帯(さんばがわへんせいたい)という地質帯に属しています。これは九州から関東までを貫く「中央構造線」に南側で接する地質帯です。プレートの運動により地下深くに沈み込んだ岩石が、低温高圧型の変化をしてできた片岩(へんがん・結晶片岩。変成岩の一種)が分布しています。

岩畳を構成する岩石は、地下約20~30kmくらい、6000~7000気圧くらいの圧力と、200~300℃くらいの温度による変成をしてできた片岩で、その後地上に現れたものと考えられています。

岩畳の少し上流には、埼玉県立自然の博物館があります。地質のことを知りたいときは上長瀞駅で下車して、先に博物館に寄ってから岩畳に移動するのがお勧めです。

博物館前には「日本地質学発祥の地」の碑があります。

[写真]岩畳
岩畳

天然物の「岩畳」の藤

岩畳には藤が自生しており、4月下旬頃に見頃を迎えます。
岩畳周辺はもともと「藤谷淵」と呼ばれており、明治の途中までは藤谷淵村がありました。

藤棚とは違う自然に育った姿が楽しめます。また、岩畳の新緑も美しいです。

[写真]岩畳の藤
岩畳の藤

[写真]藤の花とこいのぼり
藤の花とこいのぼり

紅葉スポットとしても有名

奥秩父の紅葉が見頃を過ぎた頃、長瀞渓谷の紅葉が見頃を迎えます。

岩畳は秋の紅葉も美しく、荒川の流れと紅葉との色の対比が印象的です。
上長瀞駅そばの上長瀞河原・月の石もみじ公園の紅葉とあわせて訪れるかたも多いです。
川沿いのルートで歩いて巡ることができます。

[写真]長瀞渓谷の紅葉
長瀞渓谷の紅葉

[写真]岩畳と東屋
岩畳と東屋

一番の楽しみ長瀞ライン下り・川下り

長瀞渓谷は、川岸から眺めるだけではなく、舟から楽しむこともできます。

秩父鉄道の「長瀞ラインくだり」をはじめ、複数の会社でそれぞれ川下りが行われています。
上流側コースが、親鼻橋付近から岩畳下の乗降点まで、下流側コースが、岩畳下の乗降点から高砂橋付近までです。
両方を合わせたコースもあります。

シーズンは春から秋ですが、冬季も一部の運行をしている会社があります。
なお、受付・案内所は会社により異なります。

また、長瀞渓谷ではカヌー・カヤック・ラフティングなども楽しまれています。

[写真]長瀞ライン下り
長瀞ライン下り

[写真]秩父線荒川橋梁
上流側コースで見られる秩父線荒川橋梁。

[写真]舟からの眺め
舟からの眺め。

[写真]長瀞ライン下り
流れの速いところと、ゆっくりのところがあります。

長瀞町観光協会

関連情報

  1. 上里カンターレ

  2. 川越 氷川神社

  3. 大宮盆栽村