新座市 平林寺

平林寺の創建

金鳳山平林寺(きんぽうざんへいりんじ)は、永和元年(1375)、今からおよそ650年ほど前の南北朝時代、武蔵国(むさしのくに)埼玉郡、現在のさいたま市岩槻区に創建されました。
開基は、禅に深く帰依していた大田備州守春桂蘊沢居士(おおたびっちゅうのかみしゅんけいうんたくこじ)、開山には鎌倉建長寺住持で、書や偈頌(げじゅ)に優れていた当代の高僧、石室善玖(せきしつぜんきゅう)禅師が迎えられました。

命名の由来

「金鳳山」と名付けられた山号は、かつて石室禅師が元(げん)に渡って修行した、金陵(きんりょう)の鳳台山保寧寺(ほうたいさんほねいじ)に由来しています。
また寺号は、寺の伽藍が平坦な林野に見え隠れする様子から「平林寺」とされました。

ご案内

拝観時間

9:00 ~ 16:00

(最終受付15:30)

拝観料

大人(中学生以上) 500円

小人(小学生) 200円

※ 1歳~未就学児は5名以上より1人につき100円※ 割引料金はありません(団体、シニア、身しょう者他)

拝観料は、国指定天然記念物平林寺境内林の整備に使われています。

拝観不可

12月31日(終日閉門)

上記以外に当寺行事等により拝観不可、または拝観制限のある場合は、
公式サイトトップページ「平林寺からのお知らせ」に告知します。

団体拝観

20名以上の拝観は
拝観予定日の6ヶ月~1ヶ月前までに申請してください。

団体拝観の申請

駐車場は近隣の有料駐車場をご利用ください。
平林寺には拝観者用の駐車場はありません。
駐車場

御朱印

御朱印帳のお預かり、または
御朱印帳への直接記入はいたしません。
御朱印はあらかじめ別紙にてご用意のものとなります。

例年11月〜翌1月の期間中は、御朱印のご用意はありません。
その他、当寺都合により予告なくご用意できない場合があります。

拝観にあたり

注意事項

平林寺は禅修行の専門道場です。

拝観には修行の妨げとならぬよう静粛にお願いします。
修行に関わるエリアの立ち入りを固く禁じます。

平林寺境内林は国指定天然記念物です。

・境内林全域禁煙
・動植物の捕獲、採取、持ち出し禁止(都道府県指定鳥獣保護区)
・ゴミはお持ち帰りください
・食事処、売店、自動販売機はありません

禁止事項

平林寺境内林では、以下を禁止します

・一脚三脚の使用
・写生
・ペットの同伴
・飲食
・敷物(ブルーシート等)の使用
・総門前の駐輪 駐輪場のご案内

紅葉の時期

紅葉期の拝観は以下の注意事項にご留意ください。

11月〜翌1月の期間、御朱印のご用意はありません

境内での飲食、敷物(ブルーシート等)の使用は、全域にて禁止です。

境内での写生、スケッチは全域にて禁止です。

入山受付は混雑する場合があります。お時間には余裕を持って来山ください。

平林寺には拝観者用駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

電車とバス、二輪車
JR新座駅からの散策コース

20名以上での拝観は、拝観予定日の2ヶ月前までを目安に申請ください。

団体拝観の申請

大型観光バスの駐車場利用は、予約が必要です。

ひるねの森 竹映

大晦日、元旦

12月31日は終日閉門します(拝観不可)。
除夜の鐘は平林寺山内にてのみ行います。一般への開放はありません。

1月1日は通常通り拝観できます(開門9時)。

お問い合わせ

平林寺公式サイトお問い合わせフォーム
お問い合わせ
平林寺では、お電話でのお問い合わせはお受けしていません。

新座市産業観光協会
電話 048−477−1449
開館時間 9:00~16:00
休館日 水、日、祝日、年末年始
http://www.niiza.net

平林寺 公式サイト

関連情報

  1. 越生梅林

  2. 鴻神社

  3. 権現堂堤の桜