吉田家住宅

享保6年(1721)に建築された、実年代のわかる県内最古の民家。
平成元年(1989)に国の重要文化財建造物に指定される。
入母屋造りで茅葺屋根を持つ大きな民家で、間取りが「三間広間型」と呼ばれる江戸時代の典型的な建物。
板間にはいろりがきられ、土間の中央やや北側に大きな一口のかまどがある。
南側の大戸脇には風呂場があり、その対岸の北側には流しが作られている。
土間の東半分はうまやである。
北東部には浅い掘り込みがあり、おそらく馬もしくは牛が飼われていた。
南側には腰窓があり、紙を漉いていた。
南側から西側にかけて縁側が巡り、その先にあたる北西部には外便所がある。
座敷の上には2階が造られている。
昭和59年(1984)の調査の時、柱に貼りつけてあった棟札が見つかり、「享保六丑歳霜月吉祥日」と記され、この民家を建設した時の祈祷札であることがわかった。
平成8年から3年間かけて全面解体修理が行われ、一般公開されている。個展やイベント等にご利用いただけます。
さらに、建物内にある囲炉裏で食事が楽しめる等とても貴重な体験も出来ます。

𠮷田家住宅 公式サイト

関連情報

  1. 埼玉スタジアム2002

  2. 越生梅林

  3. 七曲井(ナナマガリノイ)