時の鐘

時の鐘は、寛永4年から11年(1627年から1634年)の間に川越城主酒井忠勝が、城下多賀町 (いまの幸町)に建てたものが最初といわれています。
 現在の鐘楼は、明治26年(1893年)に起きた川越大火の翌年に再建されたもの。 3層構造で、高さ約16メートル。創建された江戸時代の初期から、 暮らしに欠かせない「時」を告げてきた川越のシンボルです。
現在、1日に4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時)、蔵造りの町並みに 鐘の音を響かせています。
 平成8年に、時の鐘は環境庁主催の「残したい“日本の音風景100選”」に選ばれました。

時の鐘

関連情報

  1. ソニックシティ

  2. 鴻巣市産業観光館ひなの里

  3. 大宮ラクーンよしもと劇場