金笛 笛木醤油

川島を車で走っていると何度も目にする金笛 苗木醤油の看板。

創業は寛政元年(1789年)。江戸時代から川越藩の穀倉地帯として栄え、四方を川に囲まれ、豊かな自然に恵まれた川島の地で醤油づくりをはじめました。

以来、伝統的な醸造方法を守り続け、厳選された丸大豆、小麦、天日塩のみを原料とし、大きな杉の桶で1年から2年かけてゆっくりと発酵熟成させて育みます。焦ることなく時間をかけてつくる醤油だからこそ、奥ゆかしい香り、まろやかさのある醤油を生み出すことができています。

特に「金笛(きんぶえ)」の名で知られる濃口醤油「金笛醤油」「金笛丸大豆醤油」は時代が変わっても好評いただいている商品。二夏を通し、時間と共に塩のかどがとれて丸くなり、醤油本来の旨味が引き立っています。

また独自の技術を用い、旨味成分をそのままで食塩のみを50%カットした「金笛減塩醤油」、二度の醸造を行い、手間をかけた「金笛再仕込醤油」も昨今好評を得ています。
※金笛様HPから一部抜粋

金笛 笛木醤油

関連情報

  1. 鶴ヶ島市農業交流センター

  2. イオンレイクタウン

  3. 道の駅 アグリパークゆめすぎと