SLパレオエクスプレス

1988年に運行開始、秩父の自然のなかを疾走するSL列車として人気。
下りは秩父鉄道熊谷駅が始発、上りは三峰口駅が始発。
56・8キロの道のりを約2時間30分かけて走る。SLが懐かしい世代にもまったく知らないという世代にもおすすめ。
車内ではSL弁当(700円)やオリジナルグッズも販売している。
SLパレオエクスプレスを牽引する蒸気機関車C58363号機の全般検査に伴い、
2020年のSL運転は無い様です。
2021年以降のSL運転計画については、決定次第公式サイトにて公開される様です。

SLパレオエクスプレス

関連情報

  1. 川口総合文化センター リリア

  2. 渡良瀬遊水地

  3. さいたまスーパーアリーナ