五千頭の龍が昇る聖天宮

建て主は康國典大法師。
四十歳半ばにして不治の大病を患い、ご本尊「三清道祖」と縁起をもたれたのを期に一命をとりとめ、完治されました。
深謝の念と、何人にも神様のご利益にあやかれるお宮を建てたく建造の地を探していたところ、なんと生国の台湾ではなく日本国のこの地にとお告げを授かりました。
聖天宮の名、佇まいや方角もお告げがあり、当時、正面の道、最寄の若葉駅もなかった雑木林のこの地を一から整地し昭和五十六年より着工に至りました。
台湾の一流の宮大工を呼び寄せ、十五年を掛け、平成七年に聖天宮を開廟しました。

町中にいきなり!!

コチラの建造物を知らない方がみると驚きます。
車で走っているといきなり出てくる日本とは思えない大きな建物が目に入ってきます。あまりの豪華さに仰天する事間違いなしです。

五千頭の龍が昇る聖天宮

関連情報

  1. 渡良瀬遊水地

  2. 新座市 平林寺

  3. ソニックシティ