七曲井(ナナマガリノイ)

入曽駅の北約500m不老川のほとりにある。
鎌倉時代前期の建仁2年(1203年)の創設と伝わる。
すり鉢状井戸の遺構で当時水不足に悩んだ住民が井戸を掘る技術が未熟だったため地面をすり鉢のように広く掘り下げ、斜面に小道をつけて最深部に井戸ワクをつけたものである。
この井戸は面積50平方mあり、すり鉢状井戸としては現存する県内唯一の遺構である。
県の史跡に指定されており昭和46年に復元された。

七曲井(ナナマガリノイ)

関連情報

  1. 智光山公園

  2. 時の鐘

  3. 島村家住宅土蔵