旧村山快哉堂

明治10年(1877)11月に建築された木造2階建て土蔵造りの店蔵で平成7年(1995)に解体後、平成13年(2001)にいろは親水公園なかすの林(現:村山快哉堂ひろば)に移築復元したもの。

店蔵が座売り形式の商形態を残す点、一階中央部分の吹き抜け、鉢巻の2段構成、ムシコ窓とその枠回りなど川越の店蔵とは異なる特有の意匠構成が見られ、貴重な有形文化財(建造物)です。
江戸時代から「中風根切薬」「分利膏」「正齋湯」などの家傅薬を製造・販売する薬店。座売り形式を残す点や一階中央に吹き抜けがあることなど特異な意匠がみられる。本町3丁目から移築。

建物内の見学も出来ます

公開日は限られていますが、建物内の見学が無料で出来ます。
建物内には当時の物が並べられていたり、珍しい吹き抜けの建造物が楽しめます。

旧村山快哉堂

関連情報

  1. お風呂の王様 志木店

  2. シンフラ

  3. 時の鐘