萩日吉神社

こちらの主祭神は

欽明天皇6年(537)11月、蘇我稲目によって創建されたと伝えられ萩明神とよばれていた。
その後、平安時代初期に天台宗関東別院となった慈光寺一山鎮護のため、近江国(現滋賀県)の坂本から日吉大神を勧請合祀し、萩日吉山王宮に改称したといわれている。
また、明治元年(1868)11月、神仏分離令の布告により、再び萩日吉神社と名称を改め、現在に至っている。
また、流鏑馬(県指定無形民俗文化財)は、3年に1度、1月第3日曜日に執行。
神楽(同上)は、1月第3日曜日は小神楽、4月29日は太々神楽奉奏。  
境内は、県の社叢の杜に指定されていて、神社入口の樹齢約800年の児持杉は男杉女杉2本あり、子宝が授かるといわれ信仰されている。

 

関連情報

  1. 八枝神社

  2. 長瀞町 宝登山

  3. 鷲宮神社